ニキビ・ニキビ跡の悩みの場合

原因に合わせた成分でアプローチする

すでにクレーターと呼ばれるニキビ跡がある場合は医療機関で治療を受ける必要がありますが、それ以外ならば自宅でのスキンケアで対応できます。正しい洗顔をして毛穴の汚れを落とし、それからニキビの状態に合わせたスキンケアをします。赤くなっている場合は炎症を起こしているので、抗炎症作用のあるスキンケアを活用してください。黒色や茶色になっている場合は色素が沈着しているため、美白作用のある成分が適しています。ヒアルロン酸やセラミド、ビタミンCなどが配合されたタイプはいずれもニキビ対策によいです。乾燥肌や日焼け後の肌に使用するスキンケアもニキビ対策に使えます。スキンケアアイテムのなかでは保湿が最も重要になるため、何よりも化粧水にこだわりましょう。

肌をいたわりながら保湿もする

ニキビさえ発生させなければ、ニキビ跡に進化することはありません。ニキビができるときは肌がオイリーであることが多いですが、オイリー肌用のスキンケアを使用して皮脂を除去しすぎると、逆にニキビが悪化してしまう可能性があります。皮脂の除去力の高いスキンケア用品は刺激も強いことが多く、肌トラブルのない状態では使用できますが、ニキビやニキビ跡が発生している状態では症状を逆に悪化させることがあるのです。ニキビ対策向けのスキンケアには、乾燥肌や敏感肌対策と共通する働きがあります。肌になるべく刺激を与えないようにしながら、しっかりと保湿をする対策が基本です。保水力を維持させることが大切ですから、乳液やクリームは必ず使用してください。