しわ・たるみの悩みの場合

症状が軽い時には市販のスキンケア用品で対処しよう

しわやたるみといった加齢に伴うお肌の悩みを解決するにあたっては、自分の肌の状態や生活習慣、肌年齢などを考慮しながら対処法を考えるのがポイントです。一般的に、眉間や口元、目元などのしわやたるみがあまり目立たないという人は、早いうちから市販のスキンケア用品を使い始めることで、肌トラブルの進行を最小限に抑えることも可能です。たとえば、ヒアルロン酸やコラーゲン、人型セラミドなどの天然成分が豊富に含まれている美容液や化粧水、ジェルなどは、初めての人でも無理なく使えるものが多く、全国の中高年の女性を中心に普及しています。なお、効率良く自分に合ったスキンケア用品を選ぶうえで、ドラッグストアの薬剤師やデパートの化粧品売り場のスタッフに相談をするのもおすすめです。

肌の状態が悪い時は美容皮膚科の受診も検討しよう

しわやたるみは代表的な中高年女性の悩みの一つですが、家庭内で思うようにケアができない人や、顔全体が老けて見えるという人は、美容皮膚科のクリニックの受診も検討すると良いでしょう。特に、ヒアルロン酸注射をはじめとした美容注射や脂肪吸引などの医療器具を使った施術は、頑固なしわやたるみなどの悩みを解消できることがあるため、しっかりと専門の医師と相談をすることがおすすめです。美容皮膚科のクリニックの治療メニューの大半は健康保険が利用できないため高額になりやすい傾向がありますが、施術の種類によっては月々一万円未満の出費で通院を始められるものもあります。そこで、若々しい地肌を取り戻すために、各クリニックが得意とする治療メニューの料金体系について詳しく確認してみましょう。